PICK UP
のんべんだらりと年越し宗谷2019 ~後編~ 宗谷岬から函館

 

 

中編の続きとなっております

 

寒さは「アルコール」「根性」でなんとか乗り越えた一行

それでも朝の冷え込みには勝てず、自然に目が覚めます

そして元旦

2019年の1月1日は「年越しinてっぺん」の花火が上がります

さっさと起きて、花火のためにポジション取りです

 

日時:2019年1月1日 目的地:宗谷岬から函館

6:20 

10分ほどの花火と聞いていたのですが、だいたい5分くらいだったような…

まあ、風が強かったから早めに終わらせたのかもしれません

(ちなみに篝火の点火行事は強風のためおじゃんになりました)

風で花火も流れてらぁ

 

7:00 宗谷岬公園

この時点で初日の出が絶望的

しかしあきらめずに朝日の見える(はず)の高台まで登ってきました

東より北の方が明るいのはどういうことですかね?

 

タイトル 「初日の出をあきらめない男達」

 

7:15

えっと、日の出は何時でしたっけ?

7:12?

はい、解散!!!

 

雲間はあるけれども太陽は見えず…

なんだよ、おみくじ「大吉」だったぞ、ちくしょうめ

 

「最北のテント村」

上から見えるだけでもテント50張りくらいでしょうか

こんな寒いところにこんな寒い時期にこれだけの人が集まるなんて、みんな「〇カ」なのかな?

 

7:30 「日本最北端の碑」

だいぶ日も登ってきましたね

今日は函館まで帰らないといけないのでさっさとテントを片して、帰りましょうか

(「年越し宗谷」中は寒さと移動でまいってしまっていましたが、今ブログ作成中ですが思い返すと楽しかったような気もします。あの過酷な環境が癖になった人がリピーターになるんですね。癖になったジャンキーが来年も集まるのでしょう)

 

私が花火撮影の場所取りをしている間に、お二方はこのキーホルダーを手に入れるために並んでいたとのこと

これを干支コンプリートさせるために12年間あの苦行を味合わさせるつもりなんだ

えげつないな、稚内市

 

宗谷では朝ごはんをとっていなかったので、稚内で食べていくとこにしましょう

2018年の最後の外食は「すき屋」になってしまいましたが、2019年の最初の外食は何になるのでしょうか!

 

8:55 最北端のすき屋

すき屋からは逃れられない…

(年始から営業しているすき屋に最大級の賛辞を)

 

10:06 オロロンライン

どんどん天気が回復してきた…

早朝から晴れてくれないですかね

帰りは車で「岩見沢」まで乗せていってもらいます

 

10:25 オトンルイ風力発電所

風が強い…

ここを冬、自転車で走るとかちょっと意味分からないですね

 

18:30 岩見沢

T氏に駅まで送ってもらい再開を誓います

岩見沢から函館駅までも5時間近くかかるんだよな

ケツが割れそうになるな

函館駅が延々と近づかない悪夢の中、寝たり、本読んだり、「早く着け」と祈ったりしていたらなんとか函館に

 

23:30 函館駅

当初の予定としては、どこかでキャンプを予定していましたが、「移動」&「年越し宗谷」で心も体もボロボロ

おとなしくホテル取りまーす!

こうして、長かった2019年の元旦が終わりました

(こんな移動を続けたら本当に腰をいわすな)

明日は消化戦

函館を十分を味わい尽くして適当に帰りましょう

 

日時:2019年1月2日 目的地:函館から仙台

9:45 函館朝市

今日は帰りの新幹線の時間まで函館観光です

朝から、函館の飯です

朝一だーーー! 食うぞ食うぞ食うぞ食うぞ食うぞ!

朝飯は「づけマグロ丼」と「札幌ラーメン」!

それにしても朝市は国外の人が多いですね

(道のど真ん中にズワイガニが転がっていたのはなんだったんだろう)

 

10:00 摩周丸

市場近くの摩周丸にも寄ってみることに

摩周丸開店待ちしてる奇特な男が2名

 

摩周丸の一番の見どころ

「Windows XP Home Edition」

 

やはり中は青森の八甲田丸と似ていますね

(乗船した瞬間に職員の方からがっつり日本酒を飲まされたので、へべれけになりながら下船)

 

「男たちのエルドラド」

函館に来たら絶対に寄りたい飯屋100年連続1位の「ラッキーピエロ」です

朝飯でだいぶ腹が膨れていますが、ラッピのドアをくぐれば欠食児童に早変わり

 

このソースとポテトとバーガーとウーロン茶

これよ、これこれ

 

北海道食い倒れ度も一先ず終了

新幹線に乗るために新函館北斗に戻ります

 

13:00 新函館北斗駅

そろそろ新幹線の時間です

試される大地北海道に別れを告げ、宮城に戻ります

 

 

準備編から続いた「のんべんだらりと年越し宗谷」記事もこれにて終了です

2018年の夏ごろか頭の中で思い描いていた「年越し宗谷」から無事帰ってこれて一安心です

どうでしょうか、この「のんべんだらり感」

エクストリームな自転車旅やバイク旅とは一味違う「年越し宗谷」

私は「年越し宗谷」勢の中で一番ぐうたらしていたと思います

 

「年越し宗谷」は2018年から始めたキャンプ活動のいい締めになったと思います

宗谷では寒さと戦っていたので必死でしたが、ブログを作成している今現在は楽しかったような気がします

多分…まあ、少し…

(また来年やるかと聞かれたら、すぐには頷けませんが…)

もしかしたら、またチャレンジ擦るかもしれませんね

 

2019年はまた少し違った分野に手を出そうとも思っています

(5月ごろにブログになるかも)

本年も引き続きよろしくお願いいたします

 

ではまた

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事