PICK UP
スポンサーリンク

日時:2018年8月18日 目的地:羽衣の滝 滝壺

 

ざっくりルート

・天人峡の天人閣から遊歩道に

・滝壺へは橋から沢登り

・対岸の観瀑台へ片道45分

 

MAP

 

ダイジェスト動画

 

9:33  羽衣の滝遊歩道

2018年の夏、お盆休みで北海道を訪れていたためせっかくなので世界百名瀑の一つ「羽衣の滝」へ行くことに

天人峡を走っているとどんどん谷が深くなり、谷に押しつぶされるような感覚に陥ります

今までだだっ広い北海道を走っていたからというのもあるのですが、それでも天人峡のスケールには度肝を抜かれました

 

天人峡のトンネルを抜けすぐ左手の駐車場に車をデポし、5年ぶりだかに開通した羽衣の滝遊歩道へ

平日というのもあるのか人はまばら

滝までは整備された遊歩道を進みます

 

羽衣の滝下流

思いのほか水量が少ない…

先日まで雨は降っていたのですが…

 

観瀑台からの一枚

よく見る「羽衣の滝」の姿

橋を渡った先の観瀑台

羽衣の滝は落差270mの段瀑というのもあり滝の一部しか見ることが出来ません

スポンサーリンク

羽衣の滝 落差270m 段瀑 日本百名瀑・世界百名瀑

9:55 羽衣の滝

「羽衣の滝」の最下段に到着

この時間帯は霧が出てきており、幽玄な滝の姿を見ることができました

水量はなかなかでしたが、段瀑ということもあり滝壺はあまり広くなくある程度浅い様子

大雪山の麓から270mを下ってくる流水は大変美しいのですが、いかんせん全体像を見ないことには…

白川先生の「世界百名瀑」では空撮の羽衣の滝が写されていました

対岸の観瀑台からはそれと似た姿が見ることが出来るらしいので向かいましょう

 

左岸からの一枚

岩盤のくぼみの下では滝音が響き、私も大変興奮しました

迫力も滝壺に立てば、思いのほか感じることが出来ました

 

 

12:50 対岸の滝見台

 

落差270mの羽衣の滝の神髄ですね

北海道一の名瀑と言われるのも納得です

ドローンなんかで撮ればもっと素晴らしいのでしょうが

ダイジェスト動画とMAPを見ていただければわかるかと思いますがかなりの急登を登ることになるので覚悟だけはして登ってください

油断して登り始めたら痛い目を見ます・・・

 

 

ただやはり段瀑は滝壺からあまり全体図が見えないことと滝壺が暴力的でないことが残念です

羽衣の滝のF2の棚まで行けたら楽しそうですね!

紅葉の羽衣も氷の羽衣も見てみたいので再訪を誓います

それに今回の目的の「社台の滝」も行けなかったので、北海道には必ずリベンジしなければなりません!

 

ではまた

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事