PICK UP
AOWへの道 ~千葉・館山~ ドチザメとジンベイザメ

 

千葉 房総半島にて

金曜の夜、仕事を片付けダイビングスーツを担ぎ仙台へ出る。週末の二日間でダイビングの資格「アドバンスオープンウォーター(AOW)」を取るべく、深夜の仙台を出発し千葉の房総半島、館山に向かいます。ダイビングショップのバンに揺られ磐越道を一路南に向かいます。まだまだ寝苦しい夜が続く季節ですが、仕事の疲労からかバンの振動を感じながらすぐ眠りについてしまいました。起きた時にはもう千葉は房総半島。まだまだ台風の爪痕が残る街並みを見ながら海へ走っていきます。

 

アドバンスオープンウォーター(AOW)
オープンウォーターでは制限をかけられている海域でも泳げるようになる資格。簡単に言うと40mまで潜られるようになる資格であり、OWより高度なスキルを身に着けられるようになります。

 

海に近づけば近づくほど瓦礫やブルーシートが目立つようになってきましたが、やっと復興が始まったのか海には活気があふれていました。ダイビングショップの施設をお借りしブリーフィング。今回のダイブはAOWに必要なダイビングスキルを練習しつつ、ダイビングを楽しむことが目的となります。土曜日に前沖根で3ダイブ、日曜に波左間で2ダイブ、計5ダイブの予定となっており、今日は前沖根でシャークネードを楽しむ予定となっています。ボートで沖に出ていざダイビングです。

 

伊戸 前沖根

船からロープに捕まり深度18mまで潜っていくのですが、潮の流れがまあ早くロープに捕まることに必死でなかなか潜っていくことができません。ロープを離してしまえば潮の流れとともに吹っ飛んでしまうでしょう。流れに抗いながら下降していくと、海底は穏やかな平和な海。アカエイがお出迎いしてくれました。

 

このポイントは「前沖根 シャークシティー」と呼ばれるポイントでシャークスクランブルというドチサメの乱舞を見ることができるポイントです。もともとこのスポットはドチザメをエサでおびき寄せて漁の邪魔にならないようにしたら、思いのほかドチザメが集まりダイビングスポットになったそうです。今では「アカエイ」「クエ」「コブダイ」「ドチザメ」が大量に集まる人気ダイビングスポットとなりました。この日も多くのダイビンググループが潜っていました。

 

3ダイブをしながら「ディープダイブ」「アンダーウォーターナビゲーション」「魚の見分け方」を学びます。そして悲劇は2回目のダイブに起こりました…。さらに強くなった波に揉まれながら、東ブイに潜行している最中に気づいてしまいました…

懐のGoProがない…

どうやら潮の流れでもみくちゃになっている間に落としてしまっていたようです。吹っ飛んだ4万円…吹っ飛んだデータ…山にも沢にも滝にも海にも連れて行った俺の相棒が…

 

海に消える前のGopro最後の一枚

 

この間わずか18分!

宿に戻り本日のノルマは終了です。ダイビングで疲弊した体にアルコールを入れ、ラグビーW杯を見ながら就寝。宿の海鮮御前は素晴らしく、特に刺身がおいしかったです。この猫様は宿の飼い猫なのですがいつのまにか部屋の中に入ってきていました。人懐っこいのう。

 

スポンサーリンク

波左間 海中神社

二日目は宿からすぐの波左間でのダイビング。計2回のダイブで、1回目は波左間の海中神社です。ボートからバックロールエントリーで海へ入り、そのまま潜行していくとうっすらと鳥居が見えてきました。鳥居と一緒に見えてきた大きなコブダイ、名前は「ヨリコ」というらしくとても人に懐いコブダイです。常に鳥居の周りを回遊しており、被写体力の高いヨリコです。

 

ゴンズイ。毒をもっているので触らないよう気を付けてください。

 

サンゴも美しいですね。海の中では赤色は失われてしまうので、写真でしかこの赤を見ることができません。

 

ヨリコのアップ。

 

海中神社。

 

参拝してきました。

 

ヨリコのドアップ。

 

マンボウランド

2回目のダイブは少し離れた生簀でのダイビング。スポット名前は「マンボウランド」。普段なら生簀に7匹のマンボウが泳いでいるらしいのですが、この日はなんとジンベイザメが生簀の中にいるとのこと。ウキウキで生簀に潜るも、この日は海が少し濁っており視界ジンベイのジの字も見えない状況。生簀の中をジンベイを探して泳いでいると…

なんかいる…!?

視界に飛び込んできたジンベイザメ!急いでカメラを用意して写真を撮るも尾びれしか撮れず…大きさは6mくらいとのことでしたが、実際に目の前に現れると腰が引けますね。

 

ジンベイは生簀の中をぐるぐる泳いでいるので、その場に留まっていると何度か顔を出してくれます。

 

ジンベイの名前に由来である「甚平柄」もしっかり見ることができました。余談ですが、宮城県金華山の伝説に「ジンベイサマ」という妖怪?が出てくるのですが、その正体はジンベイザメではないかと言われております。まさかジンベイザメと一緒に泳げる日がくるとは思いませんでした!大興奮のダイビングとなりました。

 

疲れた体にマッカンが染み渡る

 

二日間で計5ダイブが終了し、AOW試験のすべてが終了しました。これで私もアドバンスダイバーになることができました。これで40mの深さまで潜ることができ、世界中の海でも潜れるようになりました。山ばっかり、滝ばっかり行っていた私がなぜ今更海に潜るようになったのか、いろいろ思うところがあって始めたことなのですがその話はまたブログで書こうかと思います。

 

おそらく今シーズンのダイビングはこれで終わりになりますが、来年はまた秋保大滝に潜ると思いますが、そのほかにもいろんな海に潜ってみたいと思います。またその時はブログに書こうと思います。

 

ではまた。

 

 

滝壺紀行

滝壺紀行

posted with amazlet at 19.09.29
(2018-11-22)
売り上げランキング: 230,187

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事