PICK UP
吹雪のち豪瀑! 苗名滝 妙高 GW1日目

 

2019年GW 一日目…

 

世間はGW

私もなんとか10連休を確保し、滝巡りに赴くのであった

一人で海外の滝に行くことにびびった私は単身「中の滝」を訪れるべく、紀伊半島に向かうのでした

 

 

八日間の旅の装備を一式車にぶち込みます

ちなみに八日間すべて車中泊でしたし、自転車は一度も乗りませんでした

自転車は一度も乗りませんでした!!

なんで持っていったんだ…

 

紀伊半島へは新潟から日本海に出て、琵琶湖の西側を通り、和歌山から突入する予定です

その道中で気になってた滝を巡りながら南下しましょう

訪瀑一発目は新潟妙高市「苗名滝」です

 

MAP

苗名滝

 

ざっくりルート

・苗名滝苑までは舗装路

・滝までは登山道アリ

・滝前までは右岸(踏み跡は不明瞭)

 

13:14 苗名滝苑

苗名滝苑の駐車場に車を停め、滝へ向かいます

それにしても日本海側は雪ですか

今GWなんですけど…

 

 

水量!!

雪解け時期なので水量は多いだろうと思っていましたが、これは想定外!!

 

水が水じゃないみたいです

水は雲になったり、氷になったり姿をよく変え、優しい姿だったり、恐ろしい姿だったりしますが

跳んでる水が一番殺傷能力高くて大好きです

 

道にはまだかなり残雪が残っています

観光の方も多くいらっしゃいますが、雪道には苦労されていたご様子

滑って沢に落ちるなんてことはないので、ガンガン進みましょう

 

滝に近づけば近づくほど、沢も荒れ、轟音が響きます

水煙渦巻くあの滝は!?

 

13:27 苗名滝到着

DATE
・落差:55m
・直瀑
・関川水系

 

三条の滝も水量はとんでもなかったですが、この苗名滝も負けてはいません

苗名滝、名前の由来が「地震」から来ているように、まさに「地鳴り」のような轟音!

滝壺に煙る「水煙」を撮るのに最近嵌っているので、苗名は水煙がきれいに出る滝で正直たまりませんでした!

 

滝前で自撮り

滝前に出れるように対岸に渡り、少し歩きます

 

「吹雪と豪瀑」

滝前に出た瞬間に小雪は吹雪に変わりました…

顔に当たっているのがもはや雪か飛沫か分かりません!!

 

劣悪環境だと一瞬でレンズがびしゃびしゃだ~

時間と体力とカメラの耐久力の許す限りシャッターを切り続けます

 

そういえば、吹雪の中での滝撮影って今までなかったような

(氷瀑は別として…)

寒さと轟音、そして容赦のない飛沫

大興奮!!

 

 

苗名滝を後にして、さらに西に向かおうかと思いましたが

せっかくなので近所百名瀑の「惣滝」へ寄ろう!!

ということで、妙高山山麓へ

妙高山山麓

完全に冬!!

これは滝までの道厳しそうですね…

 

14:52 燕温泉

温泉街

標高は1100mの高所に旅館が立ち並んでいます

GWなので宿泊客も多いはずなのですが、あいにくのこの天気

きっと宿中に引きこもっているのでしょう、歩いていても誰ともすれ違いませんでした

 

とりあえず足跡があったので辿ってみました

滝へは沢沿いを歩くので、こっちではないことは分かっていましたがせっかくなので

 

「黄金の湯」「河原の湯」に到着

トレースはここまで繋がっていました

ここで入る選択肢もありましたが、この冷え、この寒さ

絶対湯冷めするやつだ

 

滝への道は完全埋没していました

アイゼンもスノーシューも持ってきていなかったので、これは撤退しかあるまい…

撤退!!

 

18:27 三本滝レストハウス

新潟から上高地への大移動

百名瀑「三本滝」を見るために「三本滝レストハウス」へ

駐車場に着くともう周囲は薄ら暗く、不気味な雰囲気を醸しておりました…

 

滝に向かって歩いてみましたが

だいぶくらい…

これ下手したら帰って来れなくなるやつだ

撤退!!

 

日も落ち、路面も氷始めはじめたので、今日は駐車場で一泊することに

二日目は「乗鞍三滝」を訪瀑しに行きましょう

 

ではまた

 

ヴェゼル狭い…
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事