信仰の百名瀑 岩手・不動の滝・滝壺

 

 

七折りの滝に行く前に実は岩手の百名瀑「不動の滝」へも行っておりました
今回はその不動の滝を紹介します

東北自動車道を安代ICで下り、国道282号を南下したところに不動の滝はあります
御月山から流れる不動川の上流の「桜松神社」を目指します

桜松神社は古い霊場で不動の滝も信仰の対象となっていました
太平洋戦争時には東北各地から出兵の安全祈願を願うため集まったそうです

あたりは深い森に包まれていて少し肌寒く感じました

桜松神社へ入っていきます
石灯籠は200年ほど前のものもあるみたいです

 

桜松神社の名前の由来は、以前松の木の桜が咲いたことがありそれを吉兆と崇めたことが由来だそうです
その松も境内にあるはずなのですが見つけることができませんでしたのでどこにあるか誰か教えていただけませんか

 

桜松神社をどんどん進んでいくと岩手の百名瀑「不動の滝」があります
全国に不動の滝は数あれど、百名瀑の不動の滝はここ安代町の不動の滝だけだったりします

 

スポンサーリンク

不動の滝(百名瀑) 直瀑 落差15m

 

不動の滝、なんといってもその魅力は赤い欄干の橋と白の滝との対比の美しさではないでしょうか
この桜松神社という霊場とこの滝のイメージが非常にマッチしています
百名瀑は景勝としての評価だけでなく文化的背景も考慮されたりしてます
この不動の滝もどちらかというと文化背景重視ですかね
(菅江真澄が記述を残した秋田の七滝もそういう理由だったりします)

 

滝の左岸(滝から見て左)にある不動明王像は200年ほど前のものらしいです
比較的新しいものなんですね

昼前ごろの訪瀑でしたので空からの光が気持ちいいです
神社の境内はかなりひんやりとしてましたが、滝直下はかなり冷えますね

寒い(ずぶぬれ)

直下から見ると二段に落ちるリズムが非常に面白い滝だということがわかります
また水口が広く、大変迫力もあります
さすがは昔岩手の三大美観に選ばれただけはあります

いかがだったでしょうか「不動の滝」
私としては信仰と景勝の複雑な融合を久しぶりに見ることができ、大変楽しかったです

ただ「岩手 不動の滝」で検索すると「岩手 不動の滝 心霊」と出てくるのはなぜでしょうか・・・・

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

PICK UP
おすすめの記事