PICK UP
寂れた百名瀑 吾妻連峰・滑川大滝・滝壺

 

 

 

滑川大滝

2017年7月、少し前の話になりますが吾妻連邦北部に流れる滑川大滝へ行ってきました

現在温泉から滝へのつり橋が不通になっており観光客が訪れなくなってしまっている百名瀑『滑川大滝』

霧の中に佇む滑川大滝は幅広に水を落しながら、寂しそうに見えました…

 

MAP

 

ざっくりルート

・滑川温泉福島屋から釣り橋を渡り尾根の展望台まで

・展望台から沢まで下り、入渓

・大滝沢を遡行し、滑川大滝前に

 

日時:2017年7月29日 目的地:滑川大滝

 

 

11:50 滑川温泉

 

ぶらっと立ち寄った滑川大滝ですが、正規ルートの滑川温泉からのつり橋は老朽しているらしく通行止め

「この橋通るべからず」

 

はい、渡渉して対岸に渡ります

これは現代の一休

とんちで解決、滝巡り

 

エリア的には吾妻連峰になります

吾妻連峰といえば南側の中津川渓谷、そして朱滝が頭に浮かびます

もっと沢登りの技術を磨けば行けるのでしょうか…

滝巡りの世界も先はまだまだ長そうです

 

この日は一日霧が山を覆っていて、景色はいまいちでしたが

霧に塗れる木々も美しいものです

展望台からの眺めは期待できそうもないですね

 

尾根の展望台までは、九十九折りをひたすら登ります

霧で山が濡れていて歩きづらい…

 

12:31 大滝展望台

 

この展望台から滑川大滝が見えるはずなのですが、この通りの結果です

音はすれども姿は見えず…

滑川大滝は百名瀑なのですが、百名瀑を示すものはこの展望台にしかなく、その看板もこの状態

百名瀑は滝までの道は舗装されていて、観瀑台もしっかりしていて、観光客も多いという印象でした

滑川大滝は本当に百名瀑らしくない滝ですね

 

大滝沢に下降

ここからは沢歩きです

沢歩きが正式なルートに組み込まれている百名瀑は滑川大滝ぐらいではないでほうか

 

足首くらいまでしかありませんが、それでも勢いはなかなかのもの

ささっと歩き滝前へ

 

12:45 滑川大滝発見

 

5分も歩けばすぐ滑川大滝

霧の中からヌッと現れた滑川大滝は非常に非現実的でまさに怪物のようでした

 

スポンサーリンク

滑川大滝 落差:80m 分岐瀑

 

大迫力の分岐瀑に度肝を抜かされました

滝壺は浅く、動きやすくカメラを持って右往左往

思うがまま写真を撮りまくります

 

この時は広角レンズを持っていなかったので、滝がファインダーに収まってくれません…

それだけの規模の滝だということもわかりました

岩盤のうねりに合わせて、滝も不気味にうねります

まさに怪物級の滝、『滑川大滝』です

 

 

死神が手招きしているように見えました

 

どんどん霧が濃くなってきました…

これ以上滝前で粘るのは怖くなってきたので撤退します

次来るときは滝の登攀と上流の遡行をしてみたいですね

 

Good Bye 滑川大滝

滝壺で一枚、自撮りで締めましょう

 

14:10 滑川温泉福島屋

 

沢を辿り、尾根を下り、滑川温泉に帰ってきました

せっかくなので日帰り温泉を楽しみましょう

露店の岩風呂と内風呂でじっくりと体を癒して帰路に着きます

 

山形は滝王国で素晴らしい滝も多いですが、滑川大滝はその中でも一等好きな滝です

因みにモンベルの滝王国山形のフォトコンテストではこの滑川大滝を投稿し、佳作に入賞することができました!!

滑川大滝には足を向けて寝れないです

 

次は沢登りで訪れたいと思います!!

ではまた

 



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事